お得なFAXの利用方法をご紹介!

コンビニFAXと自宅FAXはどっちがお得?

コンビニFAXと自宅FAXはどっちがお得? コンビニFAXを利用する場合と、自宅にFAX機を設置する場合にはそれぞれメリットとデメリットが存在します。
それは利用頻度によってどちらがお得かは異なってくるからです。
コンビニFAXを利用するメリットは、簡単に使用することが可能な点です。面倒な契約や設置などの作業が必要ありません。
デメリットとしては月の使用頻度が高い場合には、結果として割高となることです。いつどこでもお手軽に利用出来るサービスですが、1送信あたりの単価は自宅に設置した場合は比較して割高となります。
一方、自宅にFAX機を設置する際には、機器の購入や回線の契約など面倒な手続きが発生します。また専用用紙なども購入しなければいけないので、コンビニと比べて自身への負担が増えてしまいます。
ですが、設置するメリットとしては使用頻度が高くなれば結果的にお得になる点です。
導入費用などの初期費用を除けば、頻度が高ければ高いほど、コンビニ利用との差額が生じてきます。

コンビニFAXなら24時間いつでも受け取り可能!

コンビニFAXなら24時間いつでも受け取り可能! 自宅にFAXを持っていない人でも、送受信する方法があります。それは、コンビニを利用することです。
日本全国に24時間営業のコンビニエンスストアが至るところにあります。そのコンビニには、マルチコピー機が設置されていて、その機能の一つに、FAXの受け取りや送信があります。
よく、クレジットカードや金融商品の申し込みに必要な身分証明になるものを送りたいが、自宅にFAXがないという場合、コンビニのマルチコピー機は大変に役に立ちます。
操作の仕方は非常に簡単です。機械の案内画面が指示するとおりにボタンを押していくだけで、コンビニでの送受信ができるのです。
マルチコピー機での送受信方法はほとんどのコンビニで共通していますので、一度でもサービスを使っておけば、次からはどこのコンビニでも利用することができます。
外出しているときに、急にFAX送信しなければならなくなったときでも、コンビニに飛び込めば大丈夫です。24時間にわたって利用できますので大変に便利です。

新着情報

◎2018/1/11

FAXと複合機の大きな違い
の情報を更新しました。

◎2017/10/10

FAXの受信・送信の流れ
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

FAXのメール転送機能
の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「FAX 家」
に関連するツイート
Twitter

トラック運転手が仕事中にお昼のラジオにFAXするメカニズムがわからない。(埼玉県 美食・小林)

Twitterわたしの報告書bot@houkoku_bot

返信 リツイート1 0:00

冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、照明器具、お風呂ってきて、今日の不調はFAX機能なんだが、我がはなんだ?呪われてんのか???

来月10月の週末に、空気が良くなる造りの勉強会を開催します。北海道のカナリアップさんも採用しているWB工法をベースにした造り+暮らしや電磁波などについての対策方法なども勉強できます。参加希望の方は、株式会社桜デザイン 一級建築士事務所TEL:052-770-6555・FAX:052-770-1107・こちらまで

(盗聴・盗撮評論 高野先生) FAXを流す時に聞こえるピー・ガーという音は情報そのもの。 「ガー」を録音しておいて、別のFAXに聞かせると同じ紙が出てくる。twitpic.com/cpl2po

この話が本当かどうかは私にはわからないけど、FAXで送信したあと紙が下から出てくるのを見て「あれ?送れてないぞ?」ってなった人間は我がにいる

返信先:@bu_pon_kon_hige 応援メッセージでいいんですよね?我がFAXがあるので送ろうかなぁって思います😊

帰ったらちゃんと職場にFAXしなきゃ!!

Twitterてんこ💾@ドリマトーン🎹@tent0ne

返信 リツイート 昨日 18:57

返信先:@bu_pon_kon_hige 久し振りにFAX📠という言葉を聞きましたよ🤣最近に電話がないも多いので採用されるチャンスですよね!

を空けることの多い私は、田舎のおふくろに 「FAX送って」 と言ったら、2・3日してダンボールに包まれた「本体」が送られてきた。

Twitterトムとジェリーの面白話@tomandjerry708

返信 リツイート 昨日 18:22

【お願い(2)】政治・中央省庁・自治体・企業などに創作物規制に反対、または慎重になっていただくよう陳情なさる場合は、「FAX」は絶対にやめてください。通信回線を1本占有するのみならず、紙やインクの費用も向こうに負担させることになります。「電話」もできるだけ避けましょう。